ニキビの改善に毛穴ケア

MENU

毛穴のつまりがニキビの原因となる

毛穴のつまりはニキビの原因となります。
これは広く知られていることですが、意味のわからない通説が多いお肌についての話の中で、これだけは間違いないと言っていいでしょう。
過剰な皮脂の分泌などによって引き起こされる毛穴のつまりこそが、ニキビの原因となるのです。


人間の肌というのは刺激を受けたり乾燥したりすると皮脂を一気に分泌します。
これはお肌を守るための自然な反応です。
ただ、人間の肌というのは大変なもので、急激に皮脂が分泌されると詰まってしまったりします。
よく考えればあたりまえのことではあるのですが、とにかくこの「毛穴のつまり」こそが的なのです。


このことは「ニキビができやすい場所」を考えても明らかですね。
まず思春期ニキビですが、これは「おでこ」や「鼻」にできやすいと言われています。
これらの場所は皮脂の分泌量が比較的多いところと言われています。


そして次に大人ニキビですが、これは口の周りやフェイスラインなどのゾーンにできやすくなると言われています。大人ニキビ治すにはどうしたら良いのでしょうか?
これらの場所は肌が乾燥しやすく、それが原因となって皮脂が過剰に分泌されやすい場所ですから、これがニキビの原因となっていると言えそうですね。
そのため、保湿重視の大人ニキビ化粧水を使うのが良いでしょう。


このように、毛穴のつまりこそがニキビの原因となります。
その原因となる皮脂の過剰分泌を減らすことが、ニキビの予防にもなるというわけですね。

ニキビの予防に効果的な洗顔

ニキビ予防に効果的な洗顔として考えられる商品自体はたくさんありますが、基本的にプロアクティブやクレアラシルといったニキビ専門として作られている洗顔剤を使うのであれば全く問題はないでしょう。

 

ただ、これといった使い方が提示されないままの洗顔剤を使っている場合にそれをどうつかうかというのはとても大切で、洗顔の使い方についてもニキビの予防に効果的なものがあります。
それはどのようなものかというと、「泡で洗う」というものです。

 

洗顔と言うとクリームを付けてゴシゴシと、というイメージが有るのかもしれませんが、ニキビの予防の際にはそれは全くの逆効果です。
逆にお肌にダメージを与えてしまうんです。

 

それではどうすればいいのかというと、洗顔剤を限界まで泡立ててやって、肌と手の間に泡の層がある状況を作り出してやるんです。
こうしてやることで手によって起こる摩擦というものが大分減り、肌へのダメージを最小限に、かつ毛穴をしっかり洗浄することが出来るわけです。

 

結論として、ニキビの予防に効果的な洗顔とは「泡で洗う洗顔」です。
多少の面倒さはありますが、泡フォームなどの商品を使えば、大分楽になるのではないかなと思います。

 

ニキビはできないように予防するのが大切ですが、もし出来てしまった場合には大人ニキビにおすすめの化粧品でケアするのがおすすめです。放置しておくと、悪化してニキビ跡になってしまうことがあるからです。そうなってからだと治すのが大変なので、早めのケアを心がけましょう。

皮脂の分泌が多いとニキビになる?

皮脂の分泌が多いとニキビになる、というのはよく言われていることですよね。 この「皮脂の分泌が多い」というのは実はニキビになることに直接関係しているわけではなく、正確には「皮脂の分泌が急激すぎて詰まったりして」ニキビが出来る、というのがニキビが出来るメカニズムなんです。


つまり、皮脂の分泌が多くてもしっかりとつまらずにコントロール出来ていればいいというわけなんです。 なので「自分は汗っかきだからニキビが・・・」と落ち込む必要はないんですよ。


ただ最近皮脂の分泌が多くなってきたなあ、なんていう人は少し注意が必要です。 なぜなら皮脂の分泌量はお肌の状態を表しているからです。


まず皮脂の分泌に意識が行かないくらいの時は、普通の状態です。 基本的にその状態の時には何も気にする必要はないでしょう。


そして次に「いつもより脂っぽい時」ですがこれが重要で、こう言った時にはお肌が乾燥していたり強い刺激を受けていたり、ということが多いです。 皮脂の分泌量は「お肌の健康のサイン」だと思って頂いても構わないと思います。


結論として、大人ニキビを治すには保湿をし皮脂が過剰に分泌しないようにすることが大切です。何故かと言うと、皮脂の分泌が多くてニキビになるというわけではなく、急激な分泌で毛穴が詰まることが原因だからです。 急に皮脂が増えた時にいつもと同じスキンケアをしていると、毛穴に皮脂が残ってしまうということです。 ただそれが体質ではなく環境によるものであるなら、それはお肌の健康状態が悪いということだと知っておいてください。

更新履歴